瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館|愛媛県松山市。和ガラスの展示、企画展。

・瓶泥舎コレクションのご紹介
瓶泥舎コレクションは館長が五十年の歳月をかけ蒐集しました。江戸から明治にかけての吹きガラスやビ-ズ細工の逸品をはじめ、文房具、雛道具、髪飾り、灯火器、ガラス絵、トンボ玉などの珍しい工芸品で構成されています。これらのバリエ-ションに富んだガラスは質・量ともに国内最大級のコレクションです。

ガラス玉を海に見立て、金色の波間を優雅に泳ぐ金魚を楽しむ一品。軒先に吊るすために付属する吊り紐には、色ガラスのビ-ズに紫水晶と豪華なもの。箱書の一部に「東武(江戸)土産」とあり、一定の位ある人が故郷へ帰る際に求めたものだろうか。
白・青・無色透明のガラスビ-ズ3色を、約10万粒も贅沢に使用し、腰板には古渡(輸入物)とも言われる緑色の板ガラスをはめ込み、周囲には四分一の銀細工を施した見応えのある作品。隅田川納涼桟敷、花火大会にと特別に注文され作られた一点ものと言い伝えられる。ビ-ズを使った作品では、数・大きさとも最大級である。
   
透明のガラスの外側に深紅のガラスを被せ、丸に十字の薩摩藩島津家の家紋が丁寧に手彫りされている。深紅の色は薩摩藩が日本で初めて作り出したもので、趣ある色合いに魅せられる。ずっしりとした手取りも魅力の一つだ。
江戸時代の日本の美を象徴する吹きガラスの作品。腰のくびれ・色・注ぎ口すべてにおいて美しい。継ぎ目の処理が素晴らしく、一見しただけでは3度吹きだとはわからない程、職人の技が光っている。ガラスでしか表現できない繊細で優美な造形も見どころ。



次回展示

次回展示
びいどろの道具 ― 江戸の粋と遊びごころ
平成29年11月25日(土)~平成30年3月11日(日)